FC2ブログ

貴婦人と一角獣展

おでかけ
10 /02 2013
今日は母と一緒に
国立国際美術館で開催中の
「貴婦人と一角獣展」を見に行ってきたの。
2013-10-2s.jpg
始まった当初から気になっていて・・・
フランス国立クリニュー中世美術館所蔵の
6面の連作タピスリーが初来日で!
国外に出たのも、これが2度目というぐらいなので、
今回、気になりながらも、見ておかなかったら、
今後見れることはないだろうと思って・・・
東京の会場に続いて、大阪での開催!!!

↓これは記念撮影用の場所です。
2013-10-2.jpg

「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」の五感で5枚と
あと1枚が「我が唯一の望み」という作品で
全部で6枚の作品なんです。
それが絵じゃなくて1500年頃に作られた
タペストリーなんでよく考えるとすごいんです。
(↓パンフレットの写真)
2013-10-2y.jpg
色も綺麗に残っていましたし、
それぞれに絵柄が細部まで細かくて。
その上、タペストリーが大きい!!!

私、学生の頃に、服飾の勉強をしていたから、
はたおりで織物を織ったことがあるんですが・・・
あの時の私の作品のしょぼかったことといったら、、、(爆)
織物でこんな絵柄が表現できることに感動!!!
それに、こんな綺麗な作品が500年以上も昔に
作られていたなんて。

作品だけじゃなくて、約15分ぐらいの
大画面シアターでの高精細デジタル映像での紹介もあったんで、
それもとても綺麗で楽しめて。

それに、6枚の作品の詳細をしっかり知りたかったんで、
今日は音声ガイドも借りて、しっかり見たので、
よくわかって、さらに良かったんだと思います。

そしてもちろん、この中世のヨーロッパの時代を紐解く
他の作品の展示もあったんですけどね。

そして・・・
このチケットでは普通に国立国際美術館で現在開催中の
他の通常の展示も見ることが出来るので、
せっかく来たんだから、普通の展示も見たいと思って、
その後、そちらの方も見たんですが・・・
この一角獣の作品を見た後では、どうしてもすんなり入ってこず。
結局、普通の展示を見て帰ろうと思うと、
なんだか、すっきりしなかったんで、(後味悪い感じ?!(爆))
再度、一角獣展の方を見てから
帰ったほどでした~。(爆)

あ、これは、記念撮影用に置かれていた
一角獣になりきる「角」です。(笑)
2013-10-2t.jpg

入館料は大人当日1500円。
(私が割引券があったんで1200円)
音声ガイドは500円。

会期は10月20日まで~!
月曜日は休館。
ただし、10月14日(祝)は開館で、15日(火)が休館。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ミカリン

関西のお出かけ情報や、
ランチ、パン、スイーツ、
などなど。